【STAFF BLOG】明日、世界は終わらないだろうから、木を植えよう!

先日、造園の指導をしてくださっている楠先生が、鹿屋支店の作庭をしてくだ

さる機会があったので、立ち会わせて頂きました(^o^)/

質問攻めにもいつも笑顔で答えてくれる楠先生、ありがとうございますm(__)m

(ちなみに先生についての詳細は、H.P.をご覧ください)

お庭は完全に完成していませんが、作庭前の状態から、作庭後を見てみると

「 森が復元された! 」

というのが、私の心の声でした。下記に前後の写真を載せます。

新しく作られたお庭なのですが、以前からそこにあったかのような風情を感じ

ます。特に野草が、自然な土壌から芽吹き、成長してきたかのよう。

作庭を終え、汗を拭いた頬に、秋の風を感じていると、揺れる枝葉が涼やかに

映りました。風がみえることで、爽快感がUPし、疲れを癒してくれます。

ふと、「明日世界が終わるとしても 、今日、私はりんごの木を植える」という

名言が頭に浮かびました。が、いや、何か意味が違う。私たちは、身近に自然を

楽しみたいのだ。

一本の木には、千種類、1万匹もの昆虫などが生息しているという研究もある

そうで、それだけでも生態系を取戻し、その分の生命力を取り戻している。私

達が癒されるのは、そのような生命力を感じるからではなかろうか?それならば

「明日世界は終わらないだろうから、木を植えよう!」

これが今の時代の心持ではなかろうか?と思いながら、現場を後にしました。

世界は変えられなくても、お庭は今日からでも変えられるのだから。

設計:清澤