木の家で日々の健康を

こんにちは。川内支店の鬼塚です。

8月に入りまだまだ蒸し暑い日々が続いていますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

我が家では息子の夏休みの宿題に併せて貝殻拾いに行ったり川遊びをしたりなど、コロナ禍ならではのソーシャルディスタンスな夏満喫中です。

でもこれだけ毎日酷暑が続くと、夏バテにもなりがちですよね。

そこで今回はMOOK HOUSEならではの夏を快適に過ごす工夫をお伝えしたいと思います。

①パッシブデザインで室内に木陰を

MOOK HOUSEの特徴でもあるパッシブデザイン。深い軒を設けることで夏場の熱い日射も遮って室内に影響を受けさせない工夫をしています。

また、植栽で木陰を作ったりシェードやカーテン等で日差しを遮るのも効果的です。

②無垢の素材で不快な湿気も軽減

MOOK HOUSEと言えば!イコールで繋がるぐらいの特徴でもある無垢材・天然の木材。骨組みも床材も無垢材を使用し且つ、この高温多湿の気候で育った地元の木材を使用することで不快な湿気も調湿してくれたり嫌な床のべた付きなども軽減してくれます。

無垢の床は思わず寝ころびたくなる気持ちよさ

③フリースペースを有効活用してちょっとした運動を

夏場は暑くて外出も控えがち。その分運動不足にもなって悪循環です。

そこで開放的なリビングの一角に設けたフリースペースを活用しておうち運動を楽しんでみるのもありですね。

リビング横の畳コーナーは時には夏休みの宿題コーナーになったり、おうちヨガのスペースになったり、ごろ寝スペースになったりと何役にも変化してくれる有効なスペースです。

3つ例を挙げてお話しましたが、他にもMOOKHOUSEでは日々の暮らしを健康に快適に住まえる工夫を随所に設けております。

まだまだ暑い日々が続きますが、是非涼を求めてMOOKHOUSEの展示場へ遊びにいらしてください。

ご来場予約はこちらまで

上へ戻る