鹿児島、木の家~現場レポート③~

こんにちは!鹿児島本店営業の蔵元です。

いよいよ12月。
1年を締めくくる準備や新たな年を迎える準備で忙しくなってきますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

MOOK HOUSE 現場レポート

鹿児島、木の家~現場レポート~も今回で3回目。
順調に工事も進んでおり、いよいよ仕上げの段階に入ってきましたので
今回は仕上げ工事についてご紹介します!

1. 内装工事

これからクロス・塗り壁工事に入っていくのですが、
MOOK HOUSEで使われているのがシラス壁。
シラス壁は100%自然素材でできており、豊かな風合いをつくりだします。

そんなシラス壁ですが、いろいろな塗り方のパターンがあるのをご存知でしょうか?
お客様によってもお好きな雰囲気もそれぞれです。















そこで先日、お施主様に現場へ足を運んでいただき打ち合わせを行いました。

MOOK HOUSEの完成見学会を見られたり
入居宅見学会での意見交換をふまえて
「こんな感じがいいかなぁ」というイメージをもっていただいていましたが
職人さんと一緒に最終的な”あらさ加減”を決定!











これからどんな感じで仕上がっていくのかすごく楽しみです♪

2. 取り付け工事



















LDKにはキッチンや背面収納
ウォークインクローゼットには棚板・ハンガーパイプが取り付けられました。

最初は構造体しかみえませんでしたが、
どんどんおうちらしくなってきて
完成に近づいている感じがしますね!

まだまだご紹介したいのですが、今回の現場レポートはここまでです。
また次回の更新をお楽しみに!

MOOK HOUSEの様々なイベントもご用意しております。
12月は忙しいかもしれませんが、
是非チェックしてみてください!

上へ戻る